Back to page

− Links

 Print 

メタ認知モニタリングトレーニングが大学生の英語の受容的能力に与える影響 :: LET Chubu

xpwiki2011:メタ認知モニタリングトレーニングが大学生の英語の受容的能力に与える影響

ポスターセッション

  • 155
Table of contents
    • メタ認知モニタリングトレーニングが大学生の英語の受容的能力に与える影響
      • 発表者
      • キーワード
      • 概要
      • 日時・会場
      • 配布資料

メタ認知モニタリングトレーニングが大学生の英語の受容的能力に与える影響 anchor.png[1]

Page Top

発表者 anchor.png[2]

  • 高橋 幸子(ノートルダム清心女子大学)
Page Top

キーワード anchor.png[3]

メタ認知ストラテジー, 英語の受容的能力, 大学生の英語力

Page Top

概要 anchor.png[4]

"本研究の目的は、メタ認知モニタリングトレーニングが、大学生の英語の受容的能力に与える影響を探ることである。研究期間は12週間であり、授業内・授業外活動を準備した。研究対象者は、英語を専攻としない大学生であり、実験群と統制群を設けた。実験群はメタ認知モニタリングトレーニングを受けたが、その内容は、自己モニタリングストラテジーを伸ばす工夫をした質問票に、毎週、記入することであった。両群の変化を比較することにより、メタ認知ストラテジーの働きとその効果を観察することを試みた。
結果は、両群共にリーディン力・リスニング力が伸び、グループ間に有意な差は出てこなかった。これは、インプットが多くなったことによって、両群共に英語の受容的能力が伸び、質問票を使ったメタ認知モニタリングトレーニングは効力を示さなかったものと考えられる。今後は、メタ認知モニタリングトレーニングの内容を改良していくことが望まれる。
"

Page Top

日時・会場 anchor.png[5]

  • 8月日:
  • 発表室
Page Top

配布資料 anchor.png[6]

Search
メタ認知モニタリングトレーニングが大学生の英語の受容的能力に与える影響 (0 file) [ All Pages[7] ]
Cannot upload any files to メタ認知モニタリングトレーニングが大学生の英語の受容的能力に与える影響.

[ Back[10] ]

Last-modified: 2011-05-08 (Sun) 21:59:35 (JST) (3133d) by ozeki