協働学習を取り入れた英語ライティング指導の可能性 :: LET Chubu

LET2011 Wiki協働学習を取り入れた英語ライティング指導の可能性

研究発表

  • 193
Page Top

発表者 anchor.png

  • 阿部 真(獨協大学)
  • 山西 博之 (関西外国語大学)
Page Top

キーワード anchor.png

ライティング, プロセス・アプローチ, 協働学習

Page Top

概要 anchor.png

本研究は、プロセス・ライティングにおける段階別指導への示唆を得るために、指導に協働学習を導入することの効果について論じる。絵の内容を説明するタスクに対して、(1)ペアで作文を書く段階、(2)ペアで模範作文と自分たちの作文を比較する段階、(3)個別に書き直す段階、の3段階からなる活動を実施した。10の選択項目と3つの自由記述項目からなる質問紙により、タスクの各段階での学生の認識を調査した。その結果、以下のことが示された。まず、(1)の段階では、議論を通して適切な語彙を思いついたり、表現を多様にしていくことができていた。また、(2)の段階では、どの情報をどの程度書くかなど、タスクの要求をより深く理解できていた。そして、(3)の段階では、言語面、内容面だけではなく、ライティングのストラテジーに関する内省をすることができていた。これらの結果から、今後の指導法の模索などに関する教育的示唆を議論する。

Page Top

日時・会場 anchor.png

  • 8月日:
  • 発表室
Page Top

配布資料 anchor.png

Search
協働学習を取り入れた英語ライティング指導の可能性 (0 file) [ All Pages ]
Cannot upload any files to 協働学習を取り入れた英語ライティング指導の可能性.

[ Back ]

Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename Reload   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom)
Counter: 17397, today: 1, yesterday: 0
Last-modified: 2011-05-28 (Sat) 16:55:15 (JST) (3089d) by ozeki