メインメニュー
テーマ選択

(10 テーマ)

検索
LET2011全国大会へようこそ!
外国語教育メディア学会(LET)第51回(2011年度)全国研究大会は、8月6〜8日の3日間、名古屋学院大学白鳥キャンパスで開催されます。このサイトでは大会の最新情報の提供の他、プログラムの配布、研究発表やワークショップの受け付けなどのサービスをいたします。Twitter@LET2011Nagoyaでも情報提供します。
最新ニュース
第51回大会から
6日:開会式
中部支部会員の皆様へ
中部支部の情報については「メインメニュー」の「お知らせ(中部支部)」からどうぞ。
  
Cur: 2011-05-08 (Sun) 21:50:32 ozeki source
Line 1: Line 1:
 +研究発表
 +-[[149]]
 +**EFL環境下における L2 Motivational Self Systemの検証:英語専攻者と非専攻者を比較して [#k26d591f]
 +***発表者 [#mc03671b]
 +-植木 美千子 (関西大学大学院)
 +***キーワード [#z33e1e85]
 +L2 Motivational Self System, 共分散構造分析(SEM), 社会的文化的文脈
 +***概要 [#b6cf165a]
 +本研究の目的は、日本人大学生英語学習者を対象として、L2 Motivational Self Systemの適合妥当性を検証することにある。L2 Motivational Self Systemとは、Dörnyei (2005)が心理学の知見とL2動機づけ研究を融合して提唱したモデルであり、これまでの先行研究を包括的に統合できる可能性があるため、近年、注目を集めつつある。この流れの中で、たとえば Ueki, et al. (2011)は、日本人大学生を対象として、共分散構造分析(SEM)を使いDörnyeiのモデルの妥当性検証を行っている。しかしながら、この研究の調査対象者は英語専攻の学生のみであったため、異なる社会文化的文脈の中に位置していると考えられる英語非専攻の学生も対象にして、モデルの適合妥当性を再検討する必要がある。そこで、本研究では、英語非専攻の大学生英語学習者(151名) を対象にして、Dörnyeiのモデルの妥当性を SEMを利用して検証するとともに、先行研究の結果と比較することで、(影響の解明されていない)社会文化的文脈がモデルにどのような影響を与えるのかを明らかにし、英語非専攻の学生へのL2動機づけ指導において留意すべき点を探っていく。
 +***日時・会場 [#u061110f]
 +-[[8月日]]:
 +-[[発表室]]
 +***配布資料 [#gef39563]
 +#attach
 +----
 +-[[発表タイトル一覧]]
 +-[[LET2011]]
 +
 +#back
  

  • Backup diff of EFL環境下における L2 Motivational Self Systemの検証(No. All)
    • Cur: 2011-05-08 (Sun) 21:50:32 ozeki

Front page   Diff Backup Copy Rename Reload   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom)
Counter: 15214, today: 2, yesterday: 1
Quick Links
ミニカレンダー
前月2019年 9月翌月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
LET2011 Menu
LETChubu tweets: