メインメニュー
テーマ選択

(10 テーマ)

検索
LET2011全国大会へようこそ!
外国語教育メディア学会(LET)第51回(2011年度)全国研究大会は、8月6〜8日の3日間、名古屋学院大学白鳥キャンパスで開催されます。このサイトでは大会の最新情報の提供の他、プログラムの配布、研究発表やワークショップの受け付けなどのサービスをいたします。Twitter@LET2011Nagoyaでも情報提供します。
最新ニュース
第51回大会から
6日:開会式
中部支部会員の皆様へ
中部支部の情報については「メインメニュー」の「お知らせ(中部支部)」からどうぞ。

実践報告

  • 161

オンラインを利用したコミュニケーション・タスクの取り組み anchor.png

Page Top

発表者 anchor.png

  • 臼田 悦之(函館工業高等専門学校)
Page Top

キーワード anchor.png

tasks, online, information gap

Page Top

概要 anchor.png

"通常,インフォメーションギャップなどのコミュニケーション・タスクはペアやグループで紙のワークシートを使って普通教室で行うものであるが,本研究では,CALL教室に場所を移しオンライン上で口頭による間違い探しタスクなどを試みた。調査対象は高専4年生90名で英語コミュニケーションの授業を受講している学生である。学生はオンライン上でペアになりLMS上にアップロードされたタスクを実行した。実施後,質問紙調査により,オンラインで行うタスクの利点と欠点,紙のワークシートで行う場合との感触の差など情意面を調べた。利点は,ヘッドセットを使うので周りの雑音が遮断されタスクに集中できること,相手を変えるときに移動しなくてすむことなどがあげられ,欠点は,相手の顔が見えない,対面式の方がやりやすいなどがあった。教師側にはメリットが多く,ワークシートの印刷の手間が省け,タスクを実行している最中にモニタでき,音声録音すればスピーキング・テストとしても使えるなどが挙げられる。そして,オンラインでタスクを行う最大のメリットは,ワークシートに入れる写真やイラストなどをカラーで表示できる点で,タスクを学生に行わせる際の困難さを克服してくれ,オンラインでよりコミュニカティブな活動をさせる教育的効果が期待できると考える。本発表では,タスク選択,実施方法,学生の反応などを報告し,授業でのより効果的な活用法を考察する。
"

Page Top

日時・会場 anchor.png

  • 8月日:
  • 発表室
Page Top

配布資料 anchor.png

Search
オンラインを利用したコミュニケーション・タスクの取り組み (0 file) [ All Pages ]
オンラインを利用したコミュニケーション・タスクの取り組み へファイルをアップロードする権限がありません。

[ 戻る ]

トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom
Counter: 7806, today: 9, yesterday: 29
最終更新: 2011-05-08 (日) 21:56:30 (JST) (2358d) by ozeki
Quick Links
ミニカレンダー
前月2017年 10月翌月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
LET2011 Menu
LETChubu tweets: