メインメニュー
テーマ選択

(10 テーマ)

検索
LET2011全国大会へようこそ!
外国語教育メディア学会(LET)第51回(2011年度)全国研究大会は、8月6〜8日の3日間、名古屋学院大学白鳥キャンパスで開催されます。このサイトでは大会の最新情報の提供の他、プログラムの配布、研究発表やワークショップの受け付けなどのサービスをいたします。Twitter@LET2011Nagoyaでも情報提供します。
最新ニュース
第51回大会から
スイス人形
中部支部会員の皆様へ
中部支部の情報については「メインメニュー」の「お知らせ(中部支部)」からどうぞ。
Page Top

自己不一致理論に基づいたL2 selfの尺度作成:L2 selfと動機づけ、国際的志向性との関係 anchor.png

  • 整理番号:144
  • 時間帯:13:30-14:00
  • 発表代表者:中平 里実
  • 司会・報告者:平井 愛 (京都精華大学)
  • 会場参加者数:30名
  • 報告:possible self theory に基づいた「英語にかかわる将来の自己像の重要性」を測定する尺度、およびthe self-descrepancy theory に基づいた「英語に関わる将来の自己像と現実自己との差の大きさ」を測定する尺度を作成し、その信頼性と妥当性について検討することを目的としたご発表だった。
Page Top

英語教育における自己調整学習に関する質問紙の作成 anchor.png

  • 整理番号:147
  • 時間帯:14:10-14:40
  • 発表代表者:香林 綾子
  • 司会・報告者:平井 愛 (京都精華大学)
  • 会場参加者数:35名
  • 報告:一般的な英語学習に特化した、自己調整学習に関する重要な要因である自己効力感、メタ認知、方略使用の程度を測る質問紙の作成を目的とされたご研究だった。

7 日304

Page Top

EFL環境下における L2 Motivational Self Systemの検証:英語専攻者と非専攻者を比較して anchor.png

  • 整理番号:149
  • 時間帯:14:50-15:20
  • 発表代表者:植木 美千子
  • 司会・報告者:中平里実 (関西大学大学院)
  • 会場参加者数:40名
  • 報告:本調査は、近年新たに提唱された動機づけ理論であるL2 motivational self systemに基づき、非英語専攻者を対象にモデルのあてはまりを検証した。本発表では、そこで得られたモデルとUeki(2011)で英語専攻者を対象にモデルのあてはまりを検証した結果と比較し、それぞれの学習者の特徴を述べた。
Page Top

ネットワーク分析を応用した探索的学習行動分析 anchor.png

  • 整理番号:181
  • 時間帯:15:30-16:00
  • 発表代表者:住 政二郎
  • 司会・報告者:中平里実 (関西大学大学院)
  • 会場参加者数:30名
  • 報告:本発表では、95種類のオンライン学習教材の利用頻度を基準として、大学1年生18名の学習行動を分析する新たな手法を提案した。質疑応答では今後の調査の方向性や実践への活用法が活発に議論された。

LET2011


トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom
Counter: 16530, today: 5, yesterday: 19
最終更新: 2011-08-29 (月) 14:56:26 (JST) (2296d) by ozeki
Quick Links
ミニカレンダー
前月2017年 12月翌月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
LET2011 Menu
LETChubu tweets: