メインメニュー
テーマ選択

(10 テーマ)

検索
LET2011全国大会へようこそ!
外国語教育メディア学会(LET)第51回(2011年度)全国研究大会は、8月6〜8日の3日間、名古屋学院大学白鳥キャンパスで開催されます。このサイトでは大会の最新情報の提供の他、プログラムの配布、研究発表やワークショップの受け付けなどのサービスをいたします。Twitter@LET2011Nagoyaでも情報提供します。
最新ニュース
第51回大会から
市民フォーラム
中部支部会員の皆様へ
中部支部の情報については「メインメニュー」の「お知らせ(中部支部)」からどうぞ。
Page Top

NNS教師は何故L2授業でL1使用を選択するのか anchor.png

  • 整理番号:151
  • 時間帯:13:30-14:00
  • 発表代表者:表 昭浩
  • 司会・報告者:山内 豊 (東京国際大学)
  • 会場参加者数:32名
  • 報告:日本人英語教員が授業でL1(英語)を選択して使用する要因を、授業発話記録、インタビュー、質問紙を用いて分析した。学習者の理解度促進、動機維持、時間的効率化などにおいて、経験差や教授方法をこえて、L2よりL1を重視する教師ビリーフが共通して存在することを明らかにした。質問紙の結果や関連研究について質疑応答がなされた。すべて英語で授業することが求められる今日、たいへん意義のある研究で、今後の発展が大いに期待される。
Page Top

大学生が考える自己の英語能力と社会で必要な英語能力とは--大学生の意識調査から-- anchor.png

  • 整理番号:159
  • 時間帯:14:10-14:40
  • 発表代表者:佐々木 緑
  • 司会・報告者:表 昭浩 (関西大学大学院)
  • 会場参加者数:50名
  • 報告:非英語専攻の大学生を対象とした、英語学習に対する意識調査(CEFRのB1, B2を基に作成)の結果が発表された。分析は到達目標と動機付けの観点からなされ、その結果学生は英語の4技能をほぼ同程度必要と考えていることがわかった。会場からは、クロス分析などでより詳細な分析をすべきではないかといった分析手法に対する意見や、学生の認識と社会人(先輩)の認識の差を調べてみることで新たな知見が得られるのではないかといった建設的な意見が多く上げられた。
Page Top

教室内の人間関係と英語力の関係 anchor.png

  • 整理番号:178
  • 時間帯:14:50-15:20
  • 発表代表者:茅野 潤一郎
  • 司会・報告者:表 昭浩 (関西大学大学院)
  • 会場参加者数:22名
  • 報告:教室内の人間関係と英語力の関係について、hyper-QUの各項目と英語力(英語3科目の成績)との相関を調べた結果が発表された。会場からは、他の教科でもやっているのか?先生による要因が大きいのでは?などの質問がなされ、英語だからできること、特にソーシャルスキルトレーニングはどうあるべきかなどの活発な意見交換がなされた。
Page Top

協働学習を取り入れた英語ライティング指導の可能性 anchor.png

  • 整理番号:193
  • 時間帯:15:30-16:00
  • 発表代表者:阿部 真
  • 司会・報告者:山内 豊 (東京国際大学)
  • 会場参加者数:52名
  • 報告:自立した書き手を育成するため、学習者中心に協働的にライティング活動させる指導の可能性について質問紙を中心に調査・分析し、協働学習の効果は、語彙 →形式 →内容の順にあることを明らかにした。結果の考察や関連研究についてなどの質疑応答が活発になされた。今後は、協働的ライティングにメディアをより活用した指導法への発展をはじめ、今後が期待される有望な研究と思われる。
Page Top

シャドーイングの自動評価の妥当性に関する観点別評価面からの考察 anchor.png

  • 整理番号:213
  • 時間帯:16:10-16:40
  • 発表代表者:川村 明美
  • 司会・報告者:表 昭浩 (関西大学大学院)
  • 会場参加者数:35名
  • 報告:音響モデルに基づくGOPの妥当性をみるため、全体印象と4つの観点別評価を設定。相互関係及び自動評価への影響力の強い観点が探られ、結果は韻律面以外の全てで妥当性が支持された。質疑応答では、学力尺度としたTOEICのスキル別分析の必要性や、文単位評価では韻律以外にも音声的な脱落や音変化がありトータルな測定は難しい、などの活発な意見交換がなされた。

LET2011


Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename Reload   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom)
Counter: 19592, today: 1, yesterday: 0
Last-modified: 2011-08-21 (Sun) 15:27:52 (JST) (2830d) by ozeki
Quick Links
ミニカレンダー
前月2019年 5月翌月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
LET2011 Menu
LETChubu tweets: