メインメニュー
テーマ選択

(10 テーマ)

検索
LET2011全国大会へようこそ!
外国語教育メディア学会(LET)第51回(2011年度)全国研究大会は、8月6〜8日の3日間、名古屋学院大学白鳥キャンパスで開催されます。このサイトでは大会の最新情報の提供の他、プログラムの配布、研究発表やワークショップの受け付けなどのサービスをいたします。Twitter@LET2011Nagoyaでも情報提供します。
最新ニュース
第51回大会から
ワークショップ「Rによる教育データ分析入門」
中部支部会員の皆様へ
中部支部の情報については「メインメニュー」の「お知らせ(中部支部)」からどうぞ。

研究発表

  • 151
Page Top

発表者 anchor.png

  • 表 昭浩 (関西大学大学院)
Page Top

キーワード anchor.png

教師ビリーフ, L1選択, EFL環境

Page Top

概要 anchor.png

単一母語(L1)環境におけるNon Native Speaker(NNS)教師のL1に関するビリーフが外国語(L2)学習へ及ぼす影響は未だ十分に明らかではない。本研究の目的は、普通科高校の英語読解授業における教師のL1(日本語)発話量と使用理由から教師のL1に関するビリーフを探ることである。De la Campa & Nassaji(2009)の調査デザイン、及びDuff & Polio(1990)、Kaneko(1992)のコーディングを参考に、若手(8年)とベテラン(20年)教師の授業(11時間)の発話を、彼らへの事前・事後インタビューと合わせて量的・質的に分析した。またその結果は、高校教師50名を対象とした質問紙データとも比較され、教師のL1使用に関するビリーフを総合的に探った。結果、2名の教師は経験差や教授方法が大きく異なっていたにも関わらず、L1発話量は、平均で8割以上と高く、この結果は質問紙データにも一致した。一方、L1選択理由に関する両者の授業のパターンは必ずしも一様でないが、学習者の理解促進や動機維持、また時間的効率化などいくつかでL2よりもL1を重視したビリーフが、経験差や教授方法を超えて、共通してあることが示唆された。

Page Top

日時・会場 anchor.png

  • 8月日:
  • 発表室
Page Top

配布資料 anchor.png

Search
NNS教師は何故L2授業でL1使用を選択するのか (0 file) [ All Pages ]
NNS教師は何故L2授業でL1使用を選択するのか へファイルをアップロードする権限がありません。

[ 戻る ]

トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom
Counter: 10166, today: 13, yesterday: 28
最終更新: 2011-05-19 (木) 16:46:46 (JST) (2348d) by ozeki
Quick Links
ミニカレンダー
前月2017年 10月翌月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
LET2011 Menu
LETChubu tweets: