メインメニュー
テーマ選択

(10 テーマ)

検索
LET2011全国大会へようこそ!
外国語教育メディア学会(LET)第51回(2011年度)全国研究大会は、8月6〜8日の3日間、名古屋学院大学白鳥キャンパスで開催されます。このサイトでは大会の最新情報の提供の他、プログラムの配布、研究発表やワークショップの受け付けなどのサービスをいたします。Twitter@LET2011Nagoyaでも情報提供します。
最新ニュース
第51回大会から
懇親会会場
中部支部会員の皆様へ
中部支部の情報については「メインメニュー」の「お知らせ(中部支部)」からどうぞ。

Rによる教育データ分析入門 anchor.png

Page Top

講師 anchor.png

  • 小林 雄一郎(大阪大学大学院/日本学術振興会)
  • Website:http://www.geocities.jp/langstat/
  • Osaka.R(関西地区のRユーザー会)の運営委員
  • slideshareで、R関連、統計関連、テキストマイニング関連の資料を公開中
Page Top

時間・会場 anchor.png

  • 時間:13:30-16:40(注意:2コマ連続でのみ受講できます)
  • 会場:名古屋学院大学名古屋キャンパス・日比野学舎
  • 教室:第1会場 402教室
Page Top

概要 anchor.png

  • このワークショップは、大量の成績データを短時間で処理したい先生方向けです。
  • Rというフリーの統計解析ソフトウェアを用いて、数十クラス、数百人の成績データからクラスごとの傾向、学部ごとの傾向、男女ごとの傾向、教員ごとの傾向といった有益な情報を抽出して視覚化(ヒストグラム、箱ひげ図、散布図など)し、統計処理(記述統計、相関係数、単回帰、t検定など)を行う方法を学びます。
  • 統計やプログラミングに関する事前知識はほぼ不要です。
  • 今のところ、以下のような流れを想定しています(当日までに変更する可能性もあります)。
    • 統計処理言語R(講義)
    • Rを使った成績データの視覚化(実習)
      • インストール方法、基本操作
      • データの読み込み
      • 統計処理(記述統計)
      • グラフ作成(ヒストグラム、箱ひげ図)
    • Rを使った成績データの統計処理(実習)
      • グラフ作成(散布図)
      • 統計処理(回帰、相関、検定)
    • Rを使った成績データの多変量解析(デモ)
      • 因子分析
      • クラスター分析
    • Rを学ぶための参考文献とウェブサイト
Page Top

定員 anchor.png

  • 30名
Page Top

資料 anchor.png

  • 当日のワークショップで使用するスライド、サンプルデータ、スクリプトです。
  • zipファイルには簡単なパスワードをかけていますが、事前にダウンロードしてUSBメモリースティックなどでファイルをご持参頂けると、当日の作業がスムーズです。
  • (注意)このワークショップではWindows環境での操作を主に想定していますが、下記資料をMacからダウンロードされる場合は、「このアプリケーションで開く」でStufflt Expanderなどを指定してください。また、Mac環境では、まれにExcelのファイル名が文字化けすることがあります(ファイルの中身は文字化けしないはずです)。
  • fileLET2011_WS.zip


トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom
Counter: 11905, today: 3, yesterday: 7
最終更新: 2011-07-30 (土) 12:13:03 (JST) (2125d) by kobayasi
Quick Links
ミニカレンダー
前月2017年 5月翌月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
LET2011 Menu
LETChubu tweets: