メインメニュー
テーマ選択

(10 テーマ)

検索
LET2011全国大会へようこそ!
外国語教育メディア学会(LET)第51回(2011年度)全国研究大会は、8月6〜8日の3日間、名古屋学院大学白鳥キャンパスで開催されます。このサイトでは大会の最新情報の提供の他、プログラムの配布、研究発表やワークショップの受け付けなどのサービスをいたします。Twitter@LET2011Nagoyaでも情報提供します。
最新ニュース
第51回大会から
懇親会
中部支部会員の皆様へ
中部支部の情報については「メインメニュー」の「お知らせ(中部支部)」からどうぞ。
Page Top

講師 anchor.png

  • 小林 雄一郎(大阪大学大学院/日本学術振興会)
  • Website:http://www.geocities.jp/langstat/
  • Osaka.R(関西地区のRユーザー会)の運営委員
  • slideshareで、R関連、統計関連、テキストマイニング関連の資料を公開中
Page Top

時間・会場 anchor.png

  • 時間:13:30-16:40(注意:2コマ連続でのみ受講できます)
  • 会場:名古屋学院大学名古屋キャンパス・日比野学舎
  • 教室:第1会場 402教室
Page Top

概要 anchor.png

  • このワークショップは、大量の成績データを短時間で処理したい先生方向けです。
  • Rというフリーの統計解析ソフトウェアを用いて、数十クラス、数百人の成績データからクラスごとの傾向、学部ごとの傾向、男女ごとの傾向、教員ごとの傾向といった有益な情報を抽出して視覚化(ヒストグラム、箱ひげ図、散布図など)し、統計処理(記述統計、相関係数、単回帰、t検定など)を行う方法を学びます。
  • 統計やプログラミングに関する事前知識はほぼ不要です。
  • 今のところ、以下のような流れを想定しています(当日までに変更する可能性もあります)。
    • 統計処理言語R(講義)
    • Rを使った成績データの視覚化(実習)
      • インストール方法、基本操作
      • データの読み込み
      • 統計処理(記述統計)
      • グラフ作成(ヒストグラム、箱ひげ図)
    • Rを使った成績データの統計処理(実習)
      • グラフ作成(散布図)
      • 統計処理(回帰、相関、検定)
    • Rを使った成績データの多変量解析(デモ)
      • 因子分析
      • クラスター分析
    • Rを学ぶための参考文献とウェブサイト
Page Top

定員 anchor.png

  • 30名
Page Top

資料 anchor.png

  • 当日のワークショップで使用するスライド、サンプルデータ、スクリプトです。
  • zipファイルには簡単なパスワードをかけていますが、事前にダウンロードしてUSBメモリースティックなどでファイルをご持参頂けると、当日の作業がスムーズです。
  • (注意)このワークショップではWindows環境での操作を主に想定していますが、下記資料をMacからダウンロードされる場合は、「このアプリケーションで開く」でStufflt Expanderなどを指定してください。また、Mac環境では、まれにExcelのファイル名が文字化けすることがあります(ファイルの中身は文字化けしないはずです)。
  • fileLET2011_WS.zip


Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename Reload   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom)
Counter: 20417, today: 4, yesterday: 3
Last-modified: 2011-07-30 (Sat) 12:13:03 (JST) (2877d) by kobayasi
Quick Links
ミニカレンダー
前月2019年 6月翌月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
LET2011 Menu
LETChubu tweets: