メインメニュー
LET中部支部サイトユーザー登録について
当サイトにはLET会員(中部支部,他支部)のみがユーザー登録できます。ユーザーでなくてもお知らせ等はご利用いただけます。登録ユーザーはイベントの告知やフォーラム,アルバムなどへの投稿ができます。LET全国のサイトとは別システムですので,LET会員も別途登録手続きが必要です。詳細はこちら
テーマ選択

(10 テーマ)

検索
20: 2019-11-28 (Thu) 00:23:57 kawaguchi source Cur: 2019-12-14 (Sat) 00:26:15 kawaguchi source
Line 26: Line 26:
-主催:外国語教育メディア学会(LET)中部支部 -主催:外国語教育メディア学会(LET)中部支部
--後援:静岡大学情報学部、静岡県教育委員会(申請中)、浜松市教育委員会(申請中)+-後援:静岡大学情報学部、静岡県教育委員会、浜松市教育委員会
-参加費:LET会員無料、会員でない方(当日会員)は資料代として1,000円(※事前参加登録は不要です,当日直接お越しください) -参加費:LET会員無料、会員でない方(当日会員)は資料代として1,000円(※事前参加登録は不要です,当日直接お越しください)
--[[懇親会>#g54cc1ba]]参加費:一般会員 3,500円、学生会員3,000円 --[[懇親会>#g54cc1ba]]参加費:一般会員 3,500円、学生会員3,000円
---懇親会参加申し込みフォーム(&font(Red){''%%11月27日締め切り%%''};):[[http://bit.ly/LETC2019F_party]] ---懇親会参加申し込みフォーム(&font(Red){''%%11月27日締め切り%%''};):[[http://bit.ly/LETC2019F_party]]
----''&font(Red){懇親会の受付を12月2日(月)23:59まで延期致します。事前にお申し込みをお願い致します。};''+---''&font(Red){懇親会の受付を12月2日(月)23:59まで延長致します。事前にお申し込みをお願い致します。};''
-短縮URL:http://bit.ly/LETC2019Fall -短縮URL:http://bit.ly/LETC2019Fall
Line 61: Line 61:
「[[第二言語習得データを用いた学習分析・学習者分析を英語教育に活かす]]」 「[[第二言語習得データを用いた学習分析・学習者分析を英語教育に活かす]]」
-全体司会:[[高橋 美由紀]](愛知教育大学) -全体司会:[[高橋 美由紀]](愛知教育大学)
--司会:[[白畑 知彦]](静岡大学) +-司会・パネリスト:[[白畑 知彦]](静岡大学) 
--シンポジスト:+-パネリスト:
--[[須田 孝司]](静岡県立大学) --[[須田 孝司]](静岡県立大学)
--[[小川 睦美]](日本大学) --[[小川 睦美]](日本大学)
Line 73: Line 73:
|13:00-13:30|[[英文定着における反復シャドーイングの効果]]:教材難易度・反復回数・ストラテジーの検討【研究発表】&br;橋崎 諒太郎 (名古屋大学大学院生)|[[第一言語の頻度及び親密度が第二言語語彙学習に与える影響]]【研究発表】&br;寺井 雅人 (名古屋大学大学院生)|[[部分形状に着目した学習のための日本手話の指文字の新しい類型化]]【研究発表】&br;田中 省作 (立命館大学)・長谷川 由美(近畿大学)| |13:00-13:30|[[英文定着における反復シャドーイングの効果]]:教材難易度・反復回数・ストラテジーの検討【研究発表】&br;橋崎 諒太郎 (名古屋大学大学院生)|[[第一言語の頻度及び親密度が第二言語語彙学習に与える影響]]【研究発表】&br;寺井 雅人 (名古屋大学大学院生)|[[部分形状に着目した学習のための日本手話の指文字の新しい類型化]]【研究発表】&br;田中 省作 (立命館大学)・長谷川 由美(近畿大学)|
|13:35-14:05|[[英語の言語表現定着におけるShadowingの効果及び教材難易度の影響]]:中国語を母語とした学習者を対象に【研究発表】&br;邢 云 (名古屋大学大学院生)・橋崎 諒太郎 (名古屋大学大学院生)|[[借用語(Loanwords)指導を通じた語彙定着度の検証]]【研究発表】&br;南部 匡彦 (国際短期大学)|[[英単語並べ替え問題における学習者の迷い検出を目的とした解答過程データ分析]]【研究発表】&br;坂野 僚亮 (静岡大学学生)・宮崎 佳典 (静岡大学)・厨子 光政 (静岡大学)・法月 健 (静岡産業大学)・長谷川 由美 (近畿大学)| |13:35-14:05|[[英語の言語表現定着におけるShadowingの効果及び教材難易度の影響]]:中国語を母語とした学習者を対象に【研究発表】&br;邢 云 (名古屋大学大学院生)・橋崎 諒太郎 (名古屋大学大学院生)|[[借用語(Loanwords)指導を通じた語彙定着度の検証]]【研究発表】&br;南部 匡彦 (国際短期大学)|[[英単語並べ替え問題における学習者の迷い検出を目的とした解答過程データ分析]]【研究発表】&br;坂野 僚亮 (静岡大学学生)・宮崎 佳典 (静岡大学)・厨子 光政 (静岡大学)・法月 健 (静岡産業大学)・長谷川 由美 (近畿大学)|
-|14:10-14:40|[[Japanese learners’ unnatural use of English in light of cohesion and coherence]]:A comparative study on L1 and L2 argumentative essays 【研究発表】&br;福田 陽子 (名古屋大学大学院生)|[[誘出模倣課題で語用論的定型表現知識は測定できるか]]【研究発表】&br;大木 七帆 (北海道科学大学)|[[スマートフォンを用いた音読指導が学習者に与える影響]]【実践報告】&br;野本 尚美 (仁愛女子短期大学)・平塚 紘一郎 (仁愛女子短期大学)|+|14:10-14:40|[[Japanese learners’ unnatural use of English in light of cohesion and coherence]]:A comparative study on L1 and L2 argumentative essays 【研究発表】&br;福田 陽子 (名古屋大学大学院生)|[[誘出模倣課題で語用論的定型表現知識は測定できるか]]【研究発表】&br;大木 七帆 (北海道科学大学)|(発表キャンセル)|
|14:45-15:15| | |[[自己制御英語語彙学習アプリDoraCAT]]:フレーズ学習モジュールの開発【研究発表】&br;田中 洋也 (北海学園大学)| |14:45-15:15| | |[[自己制御英語語彙学習アプリDoraCAT]]:フレーズ学習モジュールの開発【研究発表】&br;田中 洋也 (北海学園大学)|
Line 96: Line 96:
***懇親会 [#g54cc1ba] ***懇親会 [#g54cc1ba]
-懇親会参加申し込みフォーム(&font(Red){''11月27日締め切り''};):[[http://bit.ly/LETC2019F_party]] +懇親会参加申し込みフォーム(&font(Red){''%%11月27日締め切り%%''};):[[http://bit.ly/LETC2019F_party]] 
 +-''&font(Red){懇親会の受付を12月2日(月)23:59まで延長致します。事前にお申し込みをお願い致します。};''
-時間:17:30~19:30 -時間:17:30~19:30
-参加費:一般会員 3,500円、学生会員 3,000円 -参加費:一般会員 3,500円、学生会員 3,000円


Front page   Diff Backup Copy Rename Reload   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom)
Counter: 6614, today: 1, yesterday: 2
Quick Links
人気ページ
LETChubu tweets:
支部wikiメニュー