メインメニュー
テーマ選択

(10 テーマ)

検索
LET2011全国大会へようこそ!
外国語教育メディア学会(LET)第51回(2011年度)全国研究大会は、8月6〜8日の3日間、名古屋学院大学白鳥キャンパスで開催されます。このサイトでは大会の最新情報の提供の他、プログラムの配布、研究発表やワークショップの受け付けなどのサービスをいたします。Twitter@LET2011Nagoyaでも情報提供します。
最新ニュース
第51回大会から
7日:懇親会
中部支部会員の皆様へ
中部支部の情報については「メインメニュー」の「お知らせ(中部支部)」からどうぞ。

ポスターセッション

  • 164

アーギュメント重複による学習者英作文の結束性の測定について𠅌oh-Metrixを利用して— anchor.png

Page Top

発表者 anchor.png

  • 佐藤 雄大(名古屋大学)
Page Top

キーワード anchor.png

英作文, 結束性, アーギュメント

Page Top

概要 anchor.png

" 文章の結束性を表す指標の一つに命題分析に基づいた「アーギュメント重複(Argument Overlap:AO)」の利用がある。「アーギュメント」とは内容語に近い概念で、その重なりの度合いが結束性を表すとされている。L2ライティングの分野でこのAOを利用した研究が少ないため、本研究では異なった習熟度の学生の英作文を対象にWebテキスト分析サイトのCoh-Metrixを利用してAO値を算出し、習熟度とAO値との関係を明らかにしたい。
 習熟度が異なる(高い・低い)日本人大学生集団それぞれに二つのライティング活動(ジャーナルライティング:JW、自由英作文)で英作文を書いてもらい、Coh-MetrixでAO値を算出した。このAO値を他の指標「語数」、「異なり語割合」とあわせて比較した結果、「語数」「異なり語割合」はどちらの集団でもJWが有意に高かったが、AO値のみ習熟度が低い集団で有意差がなかった。他の二つの指標と違い、結束性は質的な指標であるためその性質が反映された結果であると考えられる。
"

Page Top

日時・会場 anchor.png

  • 8月日:
  • 発表室
Page Top

配布資料 anchor.png

Search
アーギュメント重複による学習者英作文の結束性の測定について--Coh-Metrixを利用して-- (0 file) [ All Pages ]
アーギュメント重複による学習者英作文の結束性の測定について--Coh-Metrixを利用して-- へファイルをアップロードする権限がありません。

[ 戻る ]

トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom
Counter: 6643, today: 3, yesterday: 10
最終更新: 2011-05-08 (日) 21:53:46 (JST) (2239d) by ozeki
Quick Links
ミニカレンダー
前月2017年 6月翌月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
LET2011 Menu
LETChubu tweets: