メインメニュー
テーマ選択

(10 テーマ)

検索
LET2011全国大会へようこそ!
外国語教育メディア学会(LET)第51回(2011年度)全国研究大会は、8月6〜8日の3日間、名古屋学院大学白鳥キャンパスで開催されます。このサイトでは大会の最新情報の提供の他、プログラムの配布、研究発表やワークショップの受け付けなどのサービスをいたします。Twitter@LET2011Nagoyaでも情報提供します。
最新ニュース
第51回大会から
開会式
中部支部会員の皆様へ
中部支部の情報については「メインメニュー」の「お知らせ(中部支部)」からどうぞ。

研究発表

  • 212

プロジェクトIRC—多読の授業における互恵的な読書環境の創出— anchor.png

Page Top

発表者 anchor.png

  • 水野 邦太郎(福岡県立大学)
Page Top

キーワード anchor.png

Interactive Reading Community, self-determination theory, activity theory

Page Top

概要 anchor.png

人間が「自ら意欲をもって学ぶ」みなもととして,Deci & Ryan(1996)は「自律性への欲求」「有能さへの欲求」「関係性への欲求」を想定している。そして,これら3つの心理的欲求が満たされることにより,内発的動機づけが高まるとともに、外発的動機づけの内在化も促進されるとする「自己決定理論」を提示している。本発表で紹介するInteractive Reading Community (以下,IRC)はインターネット上の「読書コミュニティ」であり,この3つの心理的欲求の充足を図る観点からデザインされている。IRCを活用して4つの大学で多読の授業を実践し,どのように3つの心理的欲求の充足が満たされ、内発的動機づけが高まめられたかを分析する。そして、IRCのような他者と関わる互恵的な読書環境の創出が、多読の授業で果たす教育的価値を考察する。

Page Top

日時・会場 anchor.png

  • 8月日:
  • 発表室
Page Top

配布資料 anchor.png

Search
プロジェクトIRC--多読の授業における互恵的な読書環境の創出-- (0 file) [ All Pages ]
プロジェクトIRC--多読の授業における互恵的な読書環境の創出-- へファイルをアップロードする権限がありません。

[ 戻る ]

トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom
Counter: 7114, today: 33, yesterday: 14
最終更新: 2011-05-08 (日) 21:59:22 (JST) (2268d) by ozeki
Quick Links
ミニカレンダー
前月2017年 7月翌月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
LET2011 Menu
LETChubu tweets: