メインメニュー
テーマ選択

(10 テーマ)

検索
LET2011全国大会へようこそ!
外国語教育メディア学会(LET)第51回(2011年度)全国研究大会は、8月6〜8日の3日間、名古屋学院大学白鳥キャンパスで開催されます。このサイトでは大会の最新情報の提供の他、プログラムの配布、研究発表やワークショップの受け付けなどのサービスをいたします。Twitter@LET2011Nagoyaでも情報提供します。
最新ニュース
第51回大会から
懇親会
中部支部会員の皆様へ
中部支部の情報については「メインメニュー」の「お知らせ(中部支部)」からどうぞ。

実践報告

  • 215
Page Top

発表者 anchor.png

  • 小張 敬之(青山学院大学)
Page Top

キーワード anchor.png

ブレンド型英語教育, LMS, Computer Test

Page Top

概要 anchor.png

"2010年4月から2011年の1月まで、LMSと携帯電話を融合させながら、1年生の Writing and Communicationクラスで、ブレンド型の英語教育を65名の学生を対象に行った。4月の授業開始時にpre-testとしてComputer Testを実施、翌年の1月の最後の授業にpost-testを実施して英語力の伸びを測定した。Speaking Testに関しては11月の初旬に、携帯電話を利用して実施した。
授業方法は、LMSを利用して世界遺産の教材15レッスンを学習させて、PPTスライドにまとめて発表をさせて、さらに英語表現を定着させるために、Digital storytelling を作成してアーカイブとして残した。毎回の授業で、携帯電話に単語・熟語を送信して、またLMSから携帯電話で利用できる動画教材を配信しながら、補助学習として授業外で学習をさせた。
今回は、比較授業実験は行わなかったが、ブレンド型の授業を行うことにより、4月のComputer 試験の平均得点532.4 (SD80.3 )が翌年の1月の平均得点589.3( SD71.1)と比較して有意水準1%で有意差ありで、56.9点伸びた。Speaking Testに関しては、Pre-test とPost-testは実施することが不可能であったために、11月のSpeaking testと11月に同時に実施したComputer testの比較を行い、携帯電話によるSpeaking Testの可能性を探ってみた。Speakingテストは、6部門(音読、Repeat、Questions、Sentence Builds、Story Retellings、Open Questions)からなり、評価は、総合得点、文章構文、語彙、流暢さから構成されている。Computer TestとSpeaking Testの相関係数は、1%水準で有意(両側検定)であり、Pearsonの相関係数 .563であった。
このプレゼンテーションでは、ブレンド型の英語教育ならびに、携帯電話を利用したSpeaking Test の可能性とその分析に関して考察を行う。
"

Page Top

日時・会場 anchor.png

  • 8月日:
  • 発表室
Page Top

配布資料 anchor.png

Search
モバイルを利用したブレンド型の英語教育と評価 (0 file) [ All Pages ]
Cannot upload any files to モバイルを利用したブレンド型の英語教育と評価.

[ Back ]

Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename Reload   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom)
Counter: 19072, today: 2, yesterday: 0
Last-modified: 2011-05-08 (Sun) 22:00:04 (JST) (3087d) by ozeki
Quick Links
ミニカレンダー
前月2019年 10月翌月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
LET2011 Menu
LETChubu tweets: