メインメニュー
テーマ選択

(10 テーマ)

検索
LET2011全国大会へようこそ!
外国語教育メディア学会(LET)第51回(2011年度)全国研究大会は、8月6〜8日の3日間、名古屋学院大学白鳥キャンパスで開催されます。このサイトでは大会の最新情報の提供の他、プログラムの配布、研究発表やワークショップの受け付けなどのサービスをいたします。Twitter@LET2011Nagoyaでも情報提供します。
最新ニュース
第51回大会から
7日:研究発表会場から
中部支部会員の皆様へ
中部支部の情報については「メインメニュー」の「お知らせ(中部支部)」からどうぞ。

研究発表

  • 180

中高教職課程における英語発音指導の扱い—近畿地方のシラバス調査— anchor.png

Page Top

発表者 anchor.png

  • 有本 純(関西国際大学)
  • 中西 のりこ (神戸学院大学)
  • 河内山 真理 (関西国際大学)
  • 山本 誠子 (神戸学院大学)
  • 山本 勝巳 (流通科学大学)
Page Top

キーワード anchor.png

教職課程, 発音指導, シラバス

Page Top

概要 anchor.png

英語の教育現場では、発音指導の必要性は感じながらも教員自身がどのように指導を行えばよいか分からないという声が聞かれる(河内山他2011)。そこで本報告では、将来の英語教員が大学時代の教職課程で発音指導についてどのように学んでいるかを探るため、英語科教育法のシラバスを調査した。その結果、近畿地方の大学のうち2010年時点で入手可能であった約170の半期シラバスの約3割が発音指導について触れていた。また、シラバスで指定されていた主な教科書約20冊のうち発音指導の章を個別に設けていたものは5冊であった。英語科教育法が複数学期に渡って履修されることを考慮すると発音指導について講義を受けた学生は少なくないと考えられるにも関わらず、現場で発音指導が困難とされることには、講義内容が音声学の知識に偏り指導法にまで至っていない、四技能の指導と比較して発音指導は軽く扱われている等の要因が考えられる。

Page Top

日時・会場 anchor.png

  • 8月日:
  • 発表室
Page Top

配布資料 anchor.png

Search
中高教職課程における英語発音指導の扱い--近畿地方のシラバス調査-- (0 file) [ All Pages ]
中高教職課程における英語発音指導の扱い--近畿地方のシラバス調査-- へファイルをアップロードする権限がありません。

[ 戻る ]

トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom
Counter: 6970, today: 2, yesterday: 5
最終更新: 2011-05-08 (日) 22:09:38 (JST) (2149d) by ozeki
Quick Links
ミニカレンダー
前月2017年 3月翌月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
LET2011 Menu
LETChubu tweets: