メインメニュー
テーマ選択

(10 テーマ)

検索
LET2011全国大会へようこそ!
外国語教育メディア学会(LET)第51回(2011年度)全国研究大会は、8月6〜8日の3日間、名古屋学院大学白鳥キャンパスで開催されます。このサイトでは大会の最新情報の提供の他、プログラムの配布、研究発表やワークショップの受け付けなどのサービスをいたします。Twitter@LET2011Nagoyaでも情報提供します。
最新ニュース
第51回大会から
IMG_2843.jpg
中部支部会員の皆様へ
中部支部の情報については「メインメニュー」の「お知らせ(中部支部)」からどうぞ。

研究発表

  • 179

初級ドイツ語を学ぶ日本人大学生のシンタクス—LMSデータに基づく中間言語分析— anchor.png

Page Top

発表者 anchor.png

  • 杉浦 謙介(東北大学)
Page Top

キーワード anchor.png

ドイツ語教育, シンタクス, 中間言語分析

Page Top

概要 anchor.png

" 初級ドイツ語の授業(場所:東北大学、期間:2009年度と2010年度、形態:通年週2回のCALL、LMS:WebOCM)で、毎回ドイツ語作文指導(通常2題、掲示板に投稿させ、直後に全員分を講評)をした(年間総問題数98題・2年度間同一問題を出題)。この答案データをLMSデータベースからエクスポートし、テキストエディターで整形後、Excelの並べ替え機能をつかって分析したところ、つぎの結果が得られた:

・前期の4月下旬の時点で、答案の71%〜84%がドイツ語の正しい語順になっているが、25%〜34%が英語的語順になっている。その後、ドイツ語文が複雑になると、前者が減少して、後者が増加する傾向が続く。
・後期になって、副文と主文を組み合わせる場合、正しい語順の答案は33%まで低下する(11月上旬)。この時期には、英語的語順は7%前後にまで下がる。その後(12月上旬)、接続法を用いた文でも79%〜86%の答案で正しい語順になる。

 この結果からつぎのことが言える。初級ドイツ語を学ぶ日本人大学生は、早い段階で、ドイツ語シンタクスの基本を理解できているが、しばらく英語からの転移も強く見られる。後半期になると、英語の転移も小さくなり、複文(副文+主文)においても、徐々に、正しい語順のドイツ語を書くことができるようになる。
"

Page Top

日時・会場 anchor.png

  • 8月日:
  • 発表室
Page Top

配布資料 anchor.png

Search
初級ドイツ語を学ぶ日本人大学生のシンタクス--LMSデータに基づく中間言語分析-- (0 file) [ All Pages ]
初級ドイツ語を学ぶ日本人大学生のシンタクス--LMSデータに基づく中間言語分析-- へファイルをアップロードする権限がありません。

[ 戻る ]

トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom
Counter: 5376, today: 5, yesterday: 0
最終更新: 2011-05-08 (日) 22:04:55 (JST) (2147d) by ozeki
Quick Links
ミニカレンダー
前月2017年 3月翌月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
LET2011 Menu
LETChubu tweets: