メインメニュー
テーマ選択

(10 テーマ)

検索
LET2011全国大会へようこそ!
外国語教育メディア学会(LET)第51回(2011年度)全国研究大会は、8月6〜8日の3日間、名古屋学院大学白鳥キャンパスで開催されます。このサイトでは大会の最新情報の提供の他、プログラムの配布、研究発表やワークショップの受け付けなどのサービスをいたします。Twitter@LET2011Nagoyaでも情報提供します。
最新ニュース
第51回大会から
8日:全体シンポジウム
中部支部会員の皆様へ
中部支部の情報については「メインメニュー」の「お知らせ(中部支部)」からどうぞ。

シンポジウム

  • 186

多様な大学環境における英語eラーニング—学習者アンケートからみえてくるもの— anchor.png

Page Top

発表者 anchor.png

  • 青木 信之(広島市立大学)
  • 鈴木 繁夫 (名古屋大学)
  • 竹井 光子 (広島修道大学)
  • 志水 俊広 (九州大学)
  • 渡辺 智恵 (広島市立大学)
  • 能登原 祥之 (比治山大学
  • 池上 真人 (松山大学)寺嶋 健史 (松山大学)
Page Top

キーワード anchor.png

eラーニング, 学習者の情意面の変容, 学習履歴

Page Top

概要 anchor.png

" 発表者らは、それぞれが所属する大学において、同一の英語eラーニングシステムを用い、その学習効果やラーニングマネジメントのあり方について共同研究を進めている。この英語eラーニングシステムは、8週間から15週間、リーディング、リスニング、文法問題を大量に学習するドリル型の英語学習システムであるが、その導入形態や授業形態は各大学でさまざまに異なっている。
 今回の公募シンポジウムでは、2010年度に学習者を対象に受講前、受講中、受講後に実施したアンケート調査の結果に基づき、特にeラーニングを利用した英語学習に対する学習者の情意面(学習意欲や興味など)が受講中にどのように変化するのか、そのような変化は教材消化率、学習時間、不適切学習の発生率などの学習パフォーマンスとどのような関係があるのか、また、それらは各大学における英語eラーニングシステムの導入形態や授業形態によりどのように異なるのかを中心に報告する。"

Page Top

日時・会場 anchor.png

  • 8月日:
  • 発表室
Page Top

配布資料 anchor.png

Search
多様な大学環境における英語eラーニング--学習者アンケートからみえてくるもの-- (0 file) [ All Pages ]
多様な大学環境における英語eラーニング--学習者アンケートからみえてくるもの-- へファイルをアップロードする権限がありません。

[ 戻る ]

トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom
Counter: 8736, today: 14, yesterday: 21
最終更新: 2011-05-08 (日) 22:07:51 (JST) (2358d) by ozeki
Quick Links
ミニカレンダー
前月2017年 10月翌月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
LET2011 Menu
LETChubu tweets: