メインメニュー
テーマ選択

(10 テーマ)

検索
LET2011全国大会へようこそ!
外国語教育メディア学会(LET)第51回(2011年度)全国研究大会は、8月6〜8日の3日間、名古屋学院大学白鳥キャンパスで開催されます。このサイトでは大会の最新情報の提供の他、プログラムの配布、研究発表やワークショップの受け付けなどのサービスをいたします。Twitter@LET2011Nagoyaでも情報提供します。
最新ニュース
第51回大会から
市民フォーラム
中部支部会員の皆様へ
中部支部の情報については「メインメニュー」の「お知らせ(中部支部)」からどうぞ。

研究発表

  • 177

大学生学習者による「学びの報告」:英語授業中の活動と気づき anchor.png

Page Top

発表者 anchor.png

  • 名部井 敏代(関西大学)
Page Top

キーワード anchor.png

Uptake claim, output, feedback

Page Top

概要 anchor.png

" Swainのアウトプット仮説(1995)や、Schmidt(1995)の気づき仮説を背景に、学習者が目標言語によるアウトプット活動をするコミュニカティブな授業法の模索が行われている。学習者のアウトプット活動と気付き、そして第二言語の学びの関係については、実験研究が、アウトプット仮説を支持する結果を出している。しかし日本の英語教室で限定的に行われるアウトプット活動が学習者の気づき促進に役立つかどうかは疑問が残る。そこで本研究では、学習者が実際の授業で行われるアウトプット活動に促されて「気づき」を自ら報告できるか調査した。
 大学生英語学習者(約80名)が授業直後に記入した、当該の授業で学んだと思う事項(Uptake Claim: Mackey, 2007)のアンケートデータを、実際の授業中の活動(e.g., 本文音読や暗唱、サマリー発表)と関連して記述的分析と考察を行った。授業中の学習者の「気づき」は、言語活動の形態の差異より学習者本人の問題意識や関心に関係することがわかった。
"

Page Top

日時・会場 anchor.png

  • 8月日:
  • 発表室
Page Top

配布資料 anchor.png

Search
大学生学習者による「学びの報告」:英語授業中の活動と気づき (0 file) [ All Pages ]
大学生学習者による「学びの報告」:英語授業中の活動と気づき へファイルをアップロードする権限がありません。

[ 戻る ]

トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom
Counter: 8195, today: 3, yesterday: 4
最終更新: 2011-05-08 (日) 22:09:20 (JST) (2149d) by ozeki
Quick Links
ミニカレンダー
前月2017年 3月翌月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
LET2011 Menu
LETChubu tweets: