メインメニュー
テーマ選択

(10 テーマ)

検索
LET2011全国大会へようこそ!
外国語教育メディア学会(LET)第51回(2011年度)全国研究大会は、8月6〜8日の3日間、名古屋学院大学白鳥キャンパスで開催されます。このサイトでは大会の最新情報の提供の他、プログラムの配布、研究発表やワークショップの受け付けなどのサービスをいたします。Twitter@LET2011Nagoyaでも情報提供します。
最新ニュース
第51回大会から
6日:市民フォーラム
中部支部会員の皆様へ
中部支部の情報については「メインメニュー」の「お知らせ(中部支部)」からどうぞ。

研究発表

  • 203

聴覚単語復唱が日本人英語学習者の音声処理に与える影響 anchor.png

Page Top

発表者 anchor.png

  • 松田 紀子(関西学院大学大学院生)
Page Top

キーワード anchor.png

聴覚単語復唱, 音声処理, 意味処理

Page Top

概要 anchor.png

シャドーイングは第二言語学習者の音声知覚能力や調音能力の向上に対して有効な練習法と言われており,これまで様々な実証的研究がなされている。しかし,その多くは文レベルの素材をもとにしており,介在する変数の多さが学習者の復唱音声への影響の検証を困難にしている。そのため,本研究では単語レベルでの復唱が学習者にどのような影響を持つのか検討することを目的とした実験をおこなった。外国語として英語を学ぶ日本人大学生40名に対し,各種の条件を統制した刺激語群を用意し,学習者による復唱データ(反応時間・デュレーション・エラー率など)を通して,学習期の処理(音韻処理と意味処理),復唱回数(1回と4回),復唱方法(外的復唱と内的復唱)の影響について分析した。その結果,(1)復唱前に語の意味処理をおこなうこと,(2)復唱の回数を重ねること,(3)外的復唱することが,さらに効率的な音声復唱を可能にすることがわかった。

Page Top

日時・会場 anchor.png

  • 8月日:
  • 発表室
Page Top

配布資料 anchor.png

Search
聴覚単語復唱が日本人英語学習者の音声処理に与える影響 (0 file) [ All Pages ]
聴覚単語復唱が日本人英語学習者の音声処理に与える影響 へファイルをアップロードする権限がありません。

[ 戻る ]

トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom
Counter: 9680, today: 16, yesterday: 16
最終更新: 2011-05-08 (日) 22:09:55 (JST) (2390d) by ozeki
Quick Links
ミニカレンダー
前月2017年 11月翌月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
LET2011 Menu
LETChubu tweets: