メインメニュー
テーマ選択

(10 テーマ)

検索
LET2011全国大会へようこそ!
外国語教育メディア学会(LET)第51回(2011年度)全国研究大会は、8月6〜8日の3日間、名古屋学院大学白鳥キャンパスで開催されます。このサイトでは大会の最新情報の提供の他、プログラムの配布、研究発表やワークショップの受け付けなどのサービスをいたします。Twitter@LET2011Nagoyaでも情報提供します。
最新ニュース
第51回大会から
8日:研究発表会場から
中部支部会員の皆様へ
中部支部の情報については「メインメニュー」の「お知らせ(中部支部)」からどうぞ。

実践報告

  • 157

英語スピーキングテストにおける対話者の存在がスピーチパフォーマンスに与える影響 anchor.png

Page Top

発表者 anchor.png

  • 柳瀬 学(関西大学 大学院
Page Top

キーワード anchor.png

speech, gesture, fluency and accuracy

Page Top

概要 anchor.png

"本研究は英語スピーキングテストにおける対話者環境の違い、すなわち発話者の前に1. 対話者がいない場合 2.対話者がいてあいずち等の好意的な反応をした場合 3. 対話者はいるが反応を示さない場合 の3つの環境が、英語学習者のスピーキングパフォーマンスにどのような差をもたらすかを検証したものである。
 結果、対話者が目の前に存在し、なおかつ好意的反応を示した場合、他の環境よりも有意にジェスチャー頻度、及びスピーチの流暢さ、正確さの値が高かった。それらの結果から、学習者のスピーキング能力を最大限に発揮させるために、どのような環境を整えてあげるべきかを対話者がとるべきスタンスという視点から提案している。
"

Page Top

日時・会場 anchor.png

  • 8月日:
  • 発表室
Page Top

配布資料 anchor.png

Search
英語スピーキングテストにおける対話者の存在がスピーチパフォーマンスに与える影響 (0 file) [ All Pages ]
英語スピーキングテストにおける対話者の存在がスピーチパフォーマンスに与える影響 へファイルをアップロードする権限がありません。

[ 戻る ]

トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom
Counter: 6748, today: 9, yesterday: 17
最終更新: 2011-05-08 (日) 22:00:32 (JST) (2292d) by ozeki
Quick Links
ミニカレンダー
前月2017年 8月翌月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
LET2011 Menu
LETChubu tweets: