メインメニュー
テーマ選択

(10 テーマ)

検索
LET2011全国大会へようこそ!
外国語教育メディア学会(LET)第51回(2011年度)全国研究大会は、8月6〜8日の3日間、名古屋学院大学白鳥キャンパスで開催されます。このサイトでは大会の最新情報の提供の他、プログラムの配布、研究発表やワークショップの受け付けなどのサービスをいたします。Twitter@LET2011Nagoyaでも情報提供します。
最新ニュース
第51回大会から
8日:全体シンポジウム
中部支部会員の皆様へ
中部支部の情報については「メインメニュー」の「お知らせ(中部支部)」からどうぞ。

研究発表

  • 158

英語発音の習得目標モデルと学習者の個人的要因の関係:KJ法を用いた分析 anchor.png

Page Top

発表者 anchor.png

  • 中西 のりこ(神戸学院大学)
Page Top

キーワード anchor.png

発音, 英語変種, 学習者の要因

Page Top

概要 anchor.png

英語が国際語として様々な地域の人々によって話され、数多くの英語変種が存在する中、どの変種の音声的特徴を習得目標発音モデルとするかについて、教育的、社会的、政治的な立場から多くの議論がなされてきた。習得目標モデルを学習者個人の要因からとらえ、どのような学習者がどのような発音を好むかを探るため実施されたこれまでの調査では、学習者の発音モデルの好みに関連する要素としてcommunication, prestige, learnability, needs, identityなどのキーワードが示された。しかし、モデル選択の理由は多様で、各要素が複雑に絡み合っていると考えられるため、本研究では前回の調査結果の再分析を行う。分析の方法にはKJ法を取り入れ、客観性を高めるとともに各要素の関連性について明らかにする。KJ法の第1段階で作成された652枚のカードを分類、分析した結果から、学習者の個人的要因と英語発音の習得目標となるモデルとの関係を探る。

Page Top

日時・会場 anchor.png

  • 8月日:
  • 発表室
Page Top

配布資料 anchor.png

Search
英語発音の習得目標モデルと学習者の個人的要因の関係:KJ法を用いた分析 (0 file) [ All Pages ]
英語発音の習得目標モデルと学習者の個人的要因の関係:KJ法を用いた分析 へファイルをアップロードする権限がありません。

[ 戻る ]

トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom
Counter: 11370, today: 5, yesterday: 21
最終更新: 2011-05-08 (日) 22:01:13 (JST) (2409d) by ozeki
Quick Links
ミニカレンダー
前月2017年 12月翌月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
LET2011 Menu
LETChubu tweets: