メインメニュー
テーマ選択

(10 テーマ)

検索
LET2011全国大会へようこそ!
外国語教育メディア学会(LET)第51回(2011年度)全国研究大会は、8月6〜8日の3日間、名古屋学院大学白鳥キャンパスで開催されます。このサイトでは大会の最新情報の提供の他、プログラムの配布、研究発表やワークショップの受け付けなどのサービスをいたします。Twitter@LET2011Nagoyaでも情報提供します。
最新ニュース
第51回大会から
7日:懇親会
中部支部会員の皆様へ
中部支部の情報については「メインメニュー」の「お知らせ(中部支部)」からどうぞ。

研究発表

  • 192

CALL教材におけるスピード調節機能付チャンク提示法に関する実証研究 anchor.png

Page Top

発表者 anchor.png

  • 安部 由美子 (国際基督教大学)
  • 松田 憲 (東北公益文科大学)
Page Top

キーワード anchor.png

CALL, eWPM, チャンク提示速度

Page Top

概要 anchor.png

PC画面でのチャンク提示法を使った先行研究では,クリック時に現れたり消えたりするシステムにより,eWPM(読解効率)の向上に効果があることが報告されている(湯船,他,2007,2009)が,本研究では,学習者自身が最適な提示速度を選べる機能を追加し,PC画面上でチャンクが自動で順次現れ消える提示法で実験を行った。大学1年生105人,初級レベルの英語学習者を対象に,PCグループの実験群と紙ベースの統制群に分けて同一のオリジナルテキストを使用し,統制群では実験群と同じフレーズ切りにスラッシュを入れた紙テキストを使用して,授業で4ヵ月間実験をした。両群のどちらがより効果的か,読解速度および読解効率に影響があるのか,また学習者にとって最適なチャンクの現れる速度について調査をした。実験結果では,PC画面上で適切なチャンク提示速度を選べる機能を導入した実験群において,学習者の読解速度と読解効率が向上した。また,アンケート調査から,PC画面上におけるチャンク提示法の効果については,集中力との関連性がうかがえる。

Page Top

日時・会場 anchor.png

  • 8月日:
  • 発表室
Page Top

配布資料 anchor.png

Search
CALL教材におけるスピード調節機能付チャンク提示法に関する実証研究 (0 file) [ All Pages ]
CALL教材におけるスピード調節機能付チャンク提示法に関する実証研究 へファイルをアップロードする権限がありません。

[ 戻る ]

トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom
Counter: 7663, today: 6, yesterday: 22
最終更新: 2011-05-08 (日) 21:48:51 (JST) (2292d) by ozeki
Quick Links
ミニカレンダー
前月2017年 8月翌月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
LET2011 Menu
LETChubu tweets: