メインメニュー
テーマ選択

(10 テーマ)

検索
LET2011全国大会へようこそ!
外国語教育メディア学会(LET)第51回(2011年度)全国研究大会は、8月6〜8日の3日間、名古屋学院大学白鳥キャンパスで開催されます。このサイトでは大会の最新情報の提供の他、プログラムの配布、研究発表やワークショップの受け付けなどのサービスをいたします。Twitter@LET2011Nagoyaでも情報提供します。
最新ニュース
第51回大会から
7日:懇親会
中部支部会員の皆様へ
中部支部の情報については「メインメニュー」の「お知らせ(中部支部)」からどうぞ。

研究発表

  • 153

CALL教材を利用したチャンク単位での音読訓練が読解速度と読解効率に与える効果 anchor.png

Page Top

発表者 anchor.png

  • 神田 明延 (首都大学東京)
  • 湯舟 英一 (東洋大学)
  • 田淵 龍二 (ミント音声教育研究所)
  • 池山 和子 (恵泉女学園大学)
  • 山口 高嶺 (早稲田大学)
  • 鈴木 政宏 (西武文理大学)
Page Top

キーワード anchor.png

チャンク, 音読, 読解効率

Page Top

概要 anchor.png

本研究者グループは数年に亘って、CALLソフトウェアによるチャンク提示法の工夫によって、速読訓練による読解効率の向上を検証し、英文がチャンク毎に現れる複数の提示法で有意な成績の伸びを確認してきた。上記の結果を踏まえ、今回はチャンクを読むだけでなく音読させることによりさらなる速読効果と読解効率の向上が認められるかを検証する。これは、英語音韻符号化の高速化と自動化が助長されるという理論的先行研究に基づく仮説が存在するからである。具体的には、これまで行ってきたチャンク読み(黙読)を行う統制群と、同じチャンク切り英文を音読する実験群クラスを配置し、数ヶ月に渡る教室処遇を経た効果測定を行い、同時に学生アンケートとして、CALLソフトウェアの利便性や英語音読授業に対する動機付けの変化についても考察する。半期の途中経過としては、両クラスで有意な効果を見いたせたが、両クラスの差異について確認するため、実験群を複数の大学1〜2年生の一般英語クラスにも置き、被験者数を拡大して処遇を継続している。その最終的な成果を今回発表する。

Page Top

日時・会場 anchor.png

  • 8月日:
  • 発表室
Page Top

配布資料 anchor.png

Search
CALL教材を利用したチャンク単位での音読訓練が読解速度と読解効率に与える効果 (0 file) [ All Pages ]
CALL教材を利用したチャンク単位での音読訓練が読解速度と読解効率に与える効果 へファイルをアップロードする権限がありません。

[ 戻る ]

トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom
Counter: 6795, today: 7, yesterday: 18
最終更新: 2011-05-08 (日) 21:49:48 (JST) (2239d) by ozeki
Quick Links
ミニカレンダー
前月2017年 6月翌月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
LET2011 Menu
LETChubu tweets: