メインメニュー
テーマ選択

(10 テーマ)

検索
LET2011全国大会へようこそ!
外国語教育メディア学会(LET)第51回(2011年度)全国研究大会は、8月6〜8日の3日間、名古屋学院大学白鳥キャンパスで開催されます。このサイトでは大会の最新情報の提供の他、プログラムの配布、研究発表やワークショップの受け付けなどのサービスをいたします。Twitter@LET2011Nagoyaでも情報提供します。
最新ニュース
第51回大会から
開会式
中部支部会員の皆様へ
中部支部の情報については「メインメニュー」の「お知らせ(中部支部)」からどうぞ。

研究発表

  • 185

L2音声提示文の統語的曖昧性の解消におけるシャドーイングの効果 anchor.png

Page Top

発表者 anchor.png

  • 安藤 京子 (私立神戸山手女子中学高等学校)
Page Top

キーワード anchor.png

統語的曖昧文, 曖昧性の解消, シャドーイング

Page Top

概要 anchor.png

本研究は、統語的曖昧文の曖昧性の解消におけるプロソディーの利用に注目した。統語的曖昧文とは統語的に複数の構造を持つ文であり、英語音声の場合曖昧性の解消にはプロソディーが手がかりとなる。曖昧文の解消の成否がプロソディーの訓練によって改善するかどうかを検討した。訓練ではプロソディーに注意が向くように一部分が強調された、非曖昧文のシャドーイング訓練を行った。そしてリスニングのみの訓練を行う場合と比較して訓練前後で実験参加者の曖昧性解消の成否が改善するかどうかをみた。英語学習者32名に対してシャドーイングとリスニング訓練を行い、それぞれの前後で曖昧文の聞き分けテストを行った。分散分析の結果、両訓練間で効果の差は見られなかった。しかし相関分析の結果、リスニング訓練前後では曖昧文聞き分けテストの成績に緩やかな相関が見られ、一方シャドーイング訓練前後では有意な相関が見られないことがわかった。このことからシャドーイング訓練後の曖昧性の聞き分けに何らかの質的な変化が現れたと考えられる。

Page Top

日時・会場 anchor.png

  • 8月日:
  • 発表室
Page Top

配布資料 anchor.png

Search
L2音声提示文の統語的曖昧性の解消におけるシャドーイングの効果 (0 file) [ All Pages ]
L2音声提示文の統語的曖昧性の解消におけるシャドーイングの効果 へファイルをアップロードする権限がありません。

[ 戻る ]

トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom
Counter: 6371, today: 1, yesterday: 2
最終更新: 2011-05-08 (日) 21:52:14 (JST) (2243d) by ozeki
Quick Links
ミニカレンダー
前月2017年 6月翌月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
LET2011 Menu
LETChubu tweets: