メインメニュー
テーマ選択

(10 テーマ)

検索
LET2011全国大会へようこそ!
外国語教育メディア学会(LET)第51回(2011年度)全国研究大会は、8月6〜8日の3日間、名古屋学院大学白鳥キャンパスで開催されます。このサイトでは大会の最新情報の提供の他、プログラムの配布、研究発表やワークショップの受け付けなどのサービスをいたします。Twitter@LET2011Nagoyaでも情報提供します。
最新ニュース
第51回大会から
6日:開会式
中部支部会員の皆様へ
中部支部の情報については「メインメニュー」の「お知らせ(中部支部)」からどうぞ。

今回の大会ではTwitterのアカウントを作成し、大会公式tweetを流した。今後の参考とするため記録しておきたい。

基本情報 anchor.png

  • アカウント名:LET2011Nagoya
  • アカウント取得・開始:2010年6月15日
  • Tweet数:81
  • フォロワー:71アカウント。語学や言語教育に関心を持つ人、LET会員が多いように思われる。
  • 含められているリスト数:9
Page Top

考察 anchor.png

  • tweetの多くがretweetもされているので、そのまた先のフォロワーにも伝わったわけで、ある程度の伝搬性はあったと思われる。
  • 発表応募締め切りなどのアナウンスに使用し、「公式」らしく使用した。そのため、大会直前までは不活発な印象を与えたかもしれないが、大会直前、大会中、そして終了後にオフィシャルなアナウンスを出すのには都合がよかったと思われる。
  • 途中からハッシュタグ#LET2011Nagoyaを使用。(最初は#LET2011を使用したが、既に使われていることがわかり、変更。)会期中はワークショップの「実況中継」などに使われた。研究発表の「実況中継」や感想をハッシュタグ付きでtweetする参加者もいた。また全体シンポジウムでは質問を受けるためにハッシュタグを使用した。大会サイトにハッシュタグによる検索結果を表示し、一体感を演出した。早くからハッシュタグが普及すれば、準備段階から会員の間に共同体意識が生まれ、大会の活性化に役立つと期待できる。一方で、ハッシュタグによる検索は網羅的ではない(検索から漏れるtweetがある)ので、記録目的には使えない。あくまでその時点での瞬間的な情報共有が主である。
Page Top

今後 anchor.png

  • LET2011Nagoyaアカウントについては、アカウント名の変更ができるようなので、LETChubuなどと変更して支部公式tweetを流すために流用することを検討。
    • フォロワーをそのまま継承でき、かつ多くのフォロワーに取って有益な情報を引き続き提供できる。
    • 全国大会に関する情報で、まだ流す必要のあるものが残っている。(各種報告書関係など。)
  • 公式tweetをするには、それらしいアカウントを早めに取得し、ハッシュタグも決めておいた方がよい。

LET2011


トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom
Counter: 14167, today: 10, yesterday: 26
最終更新: 2011-08-15 (月) 14:23:48 (JST) (2310d) by ozeki
Quick Links
ミニカレンダー
前月2017年 12月翌月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
LET2011 Menu
LETChubu tweets: