メインメニュー
LET中部支部サイトユーザー登録について
当サイトにはLET会員(中部支部,他支部)のみがユーザー登録できます。ユーザーでなくてもお知らせ等はご利用いただけます。登録ユーザーはイベントの告知やフォーラム,アルバムなどへの投稿ができます。LET全国のサイトとは別システムですので,LET会員も別途登録手続きが必要です。詳細はこちら
テーマ選択

(10 テーマ)

検索

カテゴリー​/講演

非グローバル化時代の英語教育--戦後史と社会統計から考える anchor.png

Page Top

会場・時間 anchor.png

  • 301講義室
  • 14:00-15:15
Page Top

講演概要 anchor.png

本講演では、戦後史と社会統計の2つの観点から、私たちが馴染んできた「当たり前」の英語教育観の相対化を試みたいと思います。

グローバル化が進んでいる"とされる"現代、英語教育の重要性はともすると疑う余地のないものと見なされがちです。この点に関して、私は、次の2つの問いを投げかけてみたいと思います。

  • 問い1  英語教育の振興策は、グローバル化とどれだけ関連しているか?
  • 問い2  日本社会は、実際のところ、どれだけグローバル化しているのか?


問い1については、拙著(『「なんで英語やるの?」の戦後史』、研究社、2014)を素材に、歴史的な観点から考えてみたいと思います。実は、選択教科だった中学校英語が、事実上の必修教科に「アップグレード」したのは1950年代、つまり、まったくグローバル化が進んでいない時代のことでした。このように、英語教育政策は、グローバル化ではなく、様々な政治社会的要因の相互作用によって進展することがあることをお示しします。


問い2については、種々の社会統計から実態を明らかにしてみたいと思います。その結果、日本社会のグローバル化は、おそらく私たち英語教育関係者が考えているよりも、ずっと限定的だということがわかると思います。


以上、2つの相対化を踏まえて、より妥当性の高い英語教育目的とは何かを考察してみたいと思います。

Page Top

資料等 anchor.png


第83回支部研究大会


トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom
Counter: 1814, today: 1, yesterday: 1
最終更新: 2014-05-24 (土) 15:15:50 (JST) (1297d) by ozeki
Quick Links
人気ページ
LETChubu tweets:
支部wikiメニュー