メインメニュー
LET中部支部サイトユーザー登録について
当サイトにはLET会員(中部支部,他支部)のみがユーザー登録できます。ユーザーでなくてもお知らせ等はご利用いただけます。登録ユーザーはイベントの告知やフォーラム,アルバムなどへの投稿ができます。LET全国のサイトとは別システムですので,LET会員も別途登録手続きが必要です。詳細はこちら
テーマ選択

(10 テーマ)

検索
2: 2013-09-30 (Mon) 16:36:33 ゲスト source Cur: 2015-11-02 (Mon) 07:38:55 ゲスト source
Line 1: Line 1:
 +[[カテゴリー/研究発表]]
*学習者コーパスを用いた英文エッセーの評価と言語的特徴の分析 [#zdeaff13] *学習者コーパスを用いた英文エッセーの評価と言語的特徴の分析 [#zdeaff13]
- +-[[北村 まゆみ]](名古屋大学大学院生) 
-[[北村 まゆみ]](名古屋大学大学院生) +-[[阪上 辰也]](名古屋大学) 
- +-[[古泉 隆]] (名古屋大学) 
-[[阪上 辰也]](名古屋大学) +-[[佐藤 亜季]](名古屋大学大学院生) 
- +-[[杉浦 正利]](名古屋大学) 
-[[古泉 隆]] (名古屋大学) +**発表概要 [#vfec7279]
- +
-[[佐藤 亜季]](名古屋大学大学院生) +
- +
-[[杉浦 正利]](名古屋大学) +
 コーパスがL1ライティングだけでなく、L2ライティングの評価にも応用され、英語母語話者と英語学習者、英語学習者間の言語学的特徴に関する量的研究が盛んに行われている。ESL学習者のエッセーの言語学的特徴がエッセーの評価に及ぼす影響に関する研究はReid (1986) やFerris (1994) らにより行われているが、日本人英語学習者が産出したエッセーの言語学的特徴が英文ライティング能力の評価に与える影響については、まだ十分に明らかにされていない。  コーパスがL1ライティングだけでなく、L2ライティングの評価にも応用され、英語母語話者と英語学習者、英語学習者間の言語学的特徴に関する量的研究が盛んに行われている。ESL学習者のエッセーの言語学的特徴がエッセーの評価に及ぼす影響に関する研究はReid (1986) やFerris (1994) らにより行われているが、日本人英語学習者が産出したエッセーの言語学的特徴が英文ライティング能力の評価に与える影響については、まだ十分に明らかにされていない。
- 本研究では、タスクを統制して構築されたNICE (Nagoya Interlanguage Corpus of English) を用いて、エッセーの流暢性、語彙的複雑性、文法的複雑性を表す言語的特徴とリーダビリティ値の中で、エッセーの総合的評価と強い相関関係があるのはどの指標か、またこれらの言語的特徴がエッセーの総合的評価をどの程度予測するのかを検証する。+ 本研究では、タスクを統制して構築されたNICE (Nagoya Interlanguage Corpus of English) を用いて、エッセーの[[流暢性]]、語彙的複雑性、文法的複雑性を表す言語的特徴とリーダビリティ値の中で、エッセーの総合的評価と強い相関関係があるのはどの指標か、またこれらの言語的特徴がエッセーの総合的評価をどの程度予測するのかを検証する。
---- ----
[[第73回支部研究大会]] [[第73回支部研究大会]]


Front page   Diff Backup Copy Rename Reload   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom)
Counter: 2020, today: 1, yesterday: 0
Quick Links
人気ページ
LETChubu tweets:
支部wikiメニュー