メインメニュー
LET中部支部サイトユーザー登録について
当サイトにはLET会員(中部支部,他支部)のみがユーザー登録できます。ユーザーでなくてもお知らせ等はご利用いただけます。登録ユーザーはイベントの告知やフォーラム,アルバムなどへの投稿ができます。LET全国のサイトとは別システムですので,LET会員も別途登録手続きが必要です。詳細はこちら
テーマ選択

(10 テーマ)

検索

カテゴリー​/研究発表

フォーカスオンフォームとフォーカスオンフォームズの効果の比較 anchor.png

新谷 奈津子(オークランド大学大学院生)

ロング(1991)が提唱したフォーカスオンフォーム(FonF)に関しては、数多くの議論がなされているが、従来のフォーカスオンフォームズ(FonFS)との比較を行った研究は少なく、その結果も一貫していない(Beretta & Davis, 1985; Norris & Ortega, 2000; Sheen, 2005)。その理由にFonFの定義について合意が得られていないこと、FonFの概念自体が概括的であり、実践には様々な教授手法が考えられることがあげられる。

この研究では、上記の問題点を踏まえ、FonFを具体的に教授法に落とし込んだタスクベースト言語教授法(TBLT)と、FonFSの代表的なシラバスである提示(presentation)・練習(practice)・産出(production)(PPP)タイプの教授法の比較を試みた。英語学校で外国語として英語を学ぶ小学1年から3年生を対象に、TBLTPPPそれぞれの教授法による語彙習得を目的とした授業を行った。テストは、それぞれの教授法(TBLTPPP)に有利と考えられる手法で、受容語彙・発表語彙に分けて作成し実施した。併せて、複数形の付随的な習得もテストにより測定した。発表では特に、実験の手法とテスト結果、実験手法の問題点について報告したい。


第72回支部研究大会


トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom
Counter: 5176, today: 1, yesterday: 3
最終更新: 2015-03-15 (日) 01:58:34 (JST) (1317d) by ゲスト
Quick Links
人気ページ
LETChubu tweets:
支部wikiメニュー