メインメニュー
LET中部支部サイトユーザー登録について
当サイトにはLET会員(中部支部,他支部)のみがユーザー登録できます。ユーザーでなくてもお知らせ等はご利用いただけます。登録ユーザーはイベントの告知やフォーラム,アルバムなどへの投稿ができます。LET全国のサイトとは別システムですので,LET会員も別途登録手続きが必要です。詳細はこちら
テーマ選択

(10 テーマ)

検索
2: 2015-03-15 (Sun) 02:20:14 ozeki source Cur: 2015-10-24 (Sat) 23:29:36 ozeki source
Line 4: Line 4:
***発表概要 [#na17761a] ***発表概要 [#na17761a]
-目標言語による学習者のペアワークを促進するタスクは、Computational Model に依拠した SLA 理論にも、社会文化理論に基づく SLA 理論にも支持されており、また対面でもオンラインでも取り組めることから、幅広い関心を集めている。学習者のインタラクションに影響する変数のうち、教育的示唆を考える際には「目標言語習熟度」の重要性は高い。多くの教師は、習熟度が同程度になるようにペアを組んだり、あるいは「勉強の得意な子は、他の子を助けることによって自分自身も学ぶ」と言われることを受けて、意図的に習熟度に差があるペアを組んだりしているだろう。本発表はこの分野の知見を概観した文献研究であるが、「習熟度」に加えて「インタラクション・パターン」も合わせて考察すべきであり、そして事前・事後テストだけではなく、インタビューやアンケートを併用した多角的なデータ収集が有用であることを論じる。+[[目標言語]]による学習者のペアワークを促進するタスクは、[[Computational Model]] に依拠した [[SLA]] 理論にも、[[社会文化理論]]に基づく SLA 理論にも支持されており、また対面でもオンラインでも取り組めることから、幅広い関心を集めている。学習者のインタラクションに影響する変数のうち、教育的示唆を考える際には「[[目標言語習熟度]]」の重要性は高い。多くの教師は、習熟度が同程度になるようにペアを組んだり、あるいは「勉強の得意な子は、他の子を助けることによって自分自身も学ぶ」と言われることを受けて、意図的に習熟度に差があるペアを組んだりしているだろう。本発表はこの分野の知見を概観した文献研究であるが、「習熟度」に加えて「インタラクション・パターン」も合わせて考察すべきであり、そして事前・事後テストだけではなく、インタビューやアンケートを併用した多角的なデータ収集が有用であることを論じる。
---- ----
[[第75回支部研究大会]] [[第75回支部研究大会]]


Front page   Diff Backup Copy Rename Reload   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom)
Counter: 2225, today: 1, yesterday: 1
Quick Links
人気ページ
LETChubu tweets:
支部wikiメニュー