メインメニュー
LET中部支部サイトユーザー登録について
当サイトにはLET会員(中部支部,他支部)のみがユーザー登録できます。ユーザーでなくてもお知らせ等はご利用いただけます。登録ユーザーはイベントの告知やフォーラム,アルバムなどへの投稿ができます。LET全国のサイトとは別システムですので,LET会員も別途登録手続きが必要です。詳細はこちら
テーマ選択

(10 テーマ)

検索

カテゴリー​/支部大会

Page Top

英語学習者の視覚・聴覚的語彙サイズと使用学習方略との関係 anchor.png

  • 司会・報告:石井 卓巳 (筑波大学大学院生)
  • 会場参加者数:20名
Page Top

概要 anchor.png

日本人英語学習者の語彙学習法略と視覚的・聴覚的な語彙サイズとの関係を調査した。語彙学習法略の調査には幅広い語彙学習法略を取り扱っているTanaka (2006)の日本語版である田中 (2012)の26項目を、語彙サイズの調査にはMizuomto and Shimamoto (2008)の語彙サイズテスト1,000語レベル〜4,000語レベルを用いた。主要な発見として、(a) 学習者の語彙サイズは、視覚的語彙サイズの方が聴覚的語彙サイズより大きい傾向があること、及び(b) 視覚的・聴覚的な語彙サイズの差が大きい学習者群と小さい学習者群の間には、語彙学習法略の使用に差が認められないことが明らかになった。

Page Top

概要 anchor.png

ライティング・プロセスに焦点を当てた研究を目指し、キー入力記録システムWritingMaetrixを用いた構築が進められているライティング・プロセス可視化コーパスのためのタスクデザインについて検討、発表された。質疑応答では、WritingMaetrixは書いたり消したりの軌跡は記録ができるのか、という質問があり、現在検討中である、との回答であった。

Page Top

概要 anchor.png

読み手のテキスト理解を助けて解釈や評価を導いたり、テキストにおける読み手と書き手の関係を明確化する役割を担うMetadiscourse (MD)を、日本人EFL学習者のエッセイライティングの研究・指導により適したリストに向けての改定していく際の方向性が提案された。質疑応答では、リストの名称についての指摘やMDの基準に関する質問があった。


第83回支部研究大会報告


Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename Reload   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom)
Counter: 922, today: 1, yesterday: 0
Last-modified: 2014-06-03 (Tue) 17:14:51 (JST) (1994d) by ozeki
Quick Links
人気ページ
LETChubu tweets:
支部wikiメニュー