メインメニュー
LET中部支部サイトユーザー登録について
当サイトにはLET会員(中部支部,他支部)のみがユーザー登録できます。ユーザーでなくてもお知らせ等はご利用いただけます。登録ユーザーはイベントの告知やフォーラム,アルバムなどへの投稿ができます。LET全国のサイトとは別システムですので,LET会員も別途登録手続きが必要です。詳細はこちら
テーマ選択

(10 テーマ)

検索
These search terms have been highlighted:第90回支部研究大会

Return to 第90回支部研究大会
  • MenuBar (507d) [ 最近の支部研究大会一覧 ]
    最近の支部研究大会一覧 第91回支部研究大会(2018年度春季) 第90回支部研究大会(2017年度秋季) 第89回支部研究大会(2017年度春季) 第88回支部研究大会(2016年度秋季) カテゴリー カテゴリー一覧 支部大会 講演 研究発表 シンポジウム ワークショップ 研究部会 個人 事務局 用語・インデックス recent(10) 2019-07-06 第94回支部研究大会 2019-06-03 当日会員 支部研究大会一覧 2019-06-01 外国語教育基礎研究部会 2018年度報告論集 ...
  • Quizletを活用した英文読解教材の開発 (571d) [ Quizletを活用した英文読解教材の開発 ]
    ...教材が作成できる。具体的な教材の開発経緯に加えて、実際に大学の授業に教材を導入した際の質問紙調査(有効回答数156)に基づく効果検証、ならびに著作権等を含めた実際の運用上の留意点について議論する。 配布資料 [Upload] 第90回支部研究大会
  • タスクベースの英語指導について (571d) [ タスクベースの英語指導について ]
    ...(岐阜県立長良高校):「教科書の内容に重点をおいたグループディスカッションの授業実践:「書いてから話す」からの脱却」 籠橋 亮介 (多治見市立笠原小学校):「笠原型コンテント・ベイストとは」 概要 配布資料 [Upload] 第90回支部研究大会
  • タスク達成度に焦点をあてた絵描写タスクのスピーキング評価の試み (571d) [ タスク達成度に焦点をあてた絵描写タスクのスピーキング評価の試み ]
    ...タスクの達成度は流暢さと強い相関があったが、発話語数が少なくてもタスクは達成されている例やその逆の例もあった。発表では、評価の基準や手順、結果に基づいた教育的示唆、及び今後の課題について報告する。 配布資料 [Upload] 第90回支部研究大会
  • 中国語話者の付帯状況を表すテ形の使用実態 (571d) [ 中国語話者の付帯状況を表すテ形の使用実態 ]
    ...察は一文ずつ確認する方法により行った。その結果、テ形使用の中に、本来「ながら」を使用すべきであるのに付帯状況のテ形を使用しているテ形の過剰使用が観察され、テ形と「着」のずれによる誤用も確認された。 配布資料 [Upload] 第90回支部研究大会
  • 支部研究大会一覧 (48d) [ LET中部支部研究大会一覧 ]
    ...:名古屋学院大学名古屋キャンパスたいほう 2018年(平成30年) 第92回支部研究大会:2018年12月1日:名古屋工業大学 第91回支部研究大会:2018年5月26日:愛知学院大学日進キャンパス 2017年(平成29年) 第90回支部研究大会:2018年1月20日:岐阜市立女子短期大学 第89回支部研究大会:2017年5月27日:名城大学ナゴヤドーム前キャンパス 2016年(平成28年) 第88回支部研究大会:2016年12月11日:鈴鹿中学・高等学校 第87回支部研究大会:2016年5月...
  • 日本人高校生の英語受動態文のエラー分析 (556d) [ 日本人高校生の英語受動態文のエラー分析 ]
    ...約6万語である。自他両用と自動詞のみの非対格動詞、非能格動詞、他動詞の4種類37個の動詞を抽出し、過度受動化の誤りを調べた結果、非能格動詞の受動態において先行研究での結果よりも高い誤用率となった。 配布資料 [Upload] 第90回支部研究大会
  • 語彙リスト配布の有無がフラッシュカードアプリによる英単語学習の成果に及ぼす影響 (571d) [ 語彙リスト配布の有無がフラッシュカードアプリによる英単語学習の成果に及ぼす影響 ]
    ...不要と感じているが、やはりリストを好む学習者も一定数いることがわかった。したがって、リスト配布を求める意見には、リストを任意でダウンロードできるウェブサイトなどを準備して対応するのがよいと考える。 配布資料 [Upload] 第90回支部研究大会
  • 音声合成・音声認識の利用効果を検証するためのスマホアプリ開発 (571d) [ 音声合成・音声認識の利用効果を検証するためのスマホアプリ開発 ]
    ...一方を指定できる。また、シャドーイングの録音データや学習ログデータはサーバーに保存され、後の分析が可能である。発表では、本アプリの特徴を紹介するとともに、アプリを用いた調査計画についても報告する。 配布資料 [Upload] 第90回支部研究大会

Front page   Diff Backup Copy Rename Reload   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom)
Counter: 2416, today: 2, yesterday: 2
Quick Links
人気ページ
LETChubu tweets:
支部wikiメニュー