メインメニュー
LET中部支部サイトユーザー登録について
当サイトにはLET会員(中部支部,他支部)のみがユーザー登録できます。ユーザーでなくてもお知らせ等はご利用いただけます。登録ユーザーはイベントの告知やフォーラム,アルバムなどへの投稿ができます。LET全国のサイトとは別システムですので,LET会員も別途登録手続きが必要です。詳細はこちら
テーマ選択

(10 テーマ)

検索

カテゴリー​/研究発表

Page Top

会場・時間 anchor.png

  • 192C
  • 14:25-14:55
Page Top

発表概要 anchor.png

英語は単語レベルのアクセントよりも文レベルのストレスを優先するのに対して、日本語中国語は文レベルのプロソディよりも単語レベルのピッチ・アクセント及び音調変化が顕著であると言われる。本研究では中国人および日本人英語学習者が、意味的統語的に曖昧な文を発話する際に、英語の文プロソディを利用して曖昧性を解消することができるかについて調査を行った。非英語専攻の日本語話者10人および中国語話者12人が実験に参加し、プロソディによって意味と統語が変化する4種類の文ペアを読み上げた。曖昧性が解消されているかについて英語の専門家2名で採点し、母語と文の種類がプロソディ生成に影響を与えるか分析したところ、両要因の主効果は有意ではなく、交互作用も見られなかった。中国人、日本人学習者ともに正答率が低かったことから、意味的統語曖昧性の解消のためにプロソディを利用する意識を高める必要があることが示唆された。

Page Top

配布資料 anchor.png

(下記ウインドウで表示されない場合は、ページ末尾の「添付ファイル」からダウンロードしてください。)
file1_5280860b002b7.pdf


第82回支部研究大会


Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename Reload   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom)
Counter: 1673, today: 1, yesterday: 0
Last-modified: 2013-11-11 (Mon) 17:04:30 (JST) (2134d) by ozeki
Quick Links
人気ページ
LETChubu tweets:
支部wikiメニュー